知るだけで、ストレスを50%解消、イライラの原因は理由が分からないことだった。

なぜ、イライラするのか、イライラした時には必ず理由があります。

ここで言う理由とは、相手に何かをされたなどの理由ではありません。

自分が「なぜ」そのことに対してイライラしたのかです。

なぜ、そのことに対してイライラしたのか理由を考えたことはありますか?

この記事では、イライラした理由を知ることで、イライラからストレスを解消できる方法を解説します。

実は、イライラする原因と対処法を知るだけで50%もストレスを解消できるのです。

イライラした理由

多くの方はイライラ時に考えることは、イライラした時の状況に対しての理由だと思います。

「なぜ」自分はイライラしたか、根本的な原因を考えたことはないのではないでしょうか?

つまり、イライラした原因は相手が自分の気にしていることや、自分の嫌がることをされたからではないでしょうか?

イライラした原因を知り改善することで、イライラしなくなるのです。

人によっては原因を探ると、自分の欠点にたどり着くことを恐れて考える事を避ける人もいます。

考えてみましょう。

イライラした時に「なぜイライラしたか」根本的な理由を考えるとイライラは解決します。

理由がわからないから、反射的にイライラしたり、怒ったりするのです。

理由を知ればイライラはなくなります。

理由を知って、今日からイライラ体質を改善しましょう。

イライラした時の本当の理由

理由を知ってイライラをなくしましょう。

理由を知ることで思考が前向きになり、自身の人間性が向上します。

また、物事も上手く進みます。

よくある例を参考に、「自分はどうなのか」を考えてみましょう。

では、イライラした時のことを思い出し、自分はどうなのか、比べながら原因を探ってみましょう。

自分の欠点を指摘された

人の欠点を指摘してくる方がいます。

また、自分の気にしていることを言われるとイライラします。

イライラした理由

言われたことが自分の欠点だと認めたからです。

例えば、痩せている人に「デブ」と言っても絶対に怒ることはないでしょう。

自分が欠点だと思っていて「言われたくない」「認めたくない」ことを言われるとイライラします。

言われた時にイライラした場合、まずは冷静に相手はそう思っているのだなと認めましょう。

イライラの一番の原因はその欠点を自分が認めたくない場合がほとんどです。

対応方法

まず、自分は相手にそう思われていると認めましょう。

1回認めてしまうと本当に楽になります。

まずは認めることで次に言われても「またか」と思えるようになり、イライラは50%程減ります。

また、改善できる内容の場合、認めることで自分の改善点が見つかります。

その瞬間は認めるのが嫌な方がいるかもしれませんが、改善することで次から指摘されることはなくなります。

その一瞬、欠点を認めることで次からはその欠点は指摘されることはなくなります。

また、欠点を素直に認める方は紳士に見られます。

ただし、言われたこと全てを認めてしまうのはやめましょう。

その言われたことが本当に欠点なのかを自分なりによく考えましょう。

欠点はある人には欠点でも、別の人には良点の場合もあります。

欠点ではないと判断した場合は「そうですか?」と適当に流しましょう。

欠点だと判断した場合は可能な限り改善し、次回から言われない、言われても大丈夫、なようにしましょう。

次回言われても、イライラしなくなります。

相手に言い方にイライラした

相手が悪意を持った言い方をした時、イライラします。

相手が悪意を持っていなくても、性格的に口の悪い人もいます。

他に、理不尽な態度で言われた時は、特にイライラします。

こちらに非はなく、相手がイライラしていて怒られることもあります。

イライラした理由

明らかに相手の言い方が悪かったり、上から目線で言われると見下された感じがしてイライラしてしまうのです。

ただでさえ上司からでもイライラするのに、部下や同僚から言われると我慢できません。

動物は弱肉強食なので自然と攻撃的な態度を取られると身構えるのです。

また、相手に当たられた時は完全に「ふざけんな」と叫びたくなります。

対応方法

相手の攻撃敵な態度を受け止めてはいけません。

まずはスルーしましょう。

冷静に対応しましょう。いつも以上に冷静になることで相手の言い方がどんな言い方でも通常通りに対応できます。

相手が興奮している時こそこちらは冷静になって通常と同じ感覚で対応することです。

相手の感情に流されてはいけません。

逆にいつも以上に丁寧に対応しましょう。

すると逆に相手は自分の理不尽さに気付き自分の疎かさに恥をかくでしょう。

また、相手が興奮していた場合、だんだんと我に返り冷静さを取り戻すでしょう。

言うことを聞かない、自分の主張が通らない

何を言っても聞き入れない人がいます。

何かを言うと反論ばかりする。

イライラした理由

こちら側は急いでいるのに聞き入れてくれない。

いつも自分とは反対の意見を言う。

物事が上手くいかないのでイライラした。

対応方法

相手に期待をしてはいけません。

最初に言ったことに対して、相手は従う前提でこちらは意見を言っていることが間違いなのです。

相手をコントロールすることはできません。

また、自分の言い方が命令口調や、意見の押しつけになっていないかを良く考えましょう。

イライラせず冷静に話し合いましょう。

話し合い、討論することから逃げてはいけません。

目的を意識して話し合うことで、相手も納得するでしょう。

目的を達成するために、こうして欲しいと説得すると、逆に良い意見をもらえることもあります。

相手に意見を言わせることで、相手は納得し行動してくれます。

また、目的を意識することが重要で、自分の体裁は捨て 、説得しましょう。

「申し訳ありませんが」の一言を言い頭を下げるだけでも効果は抜群です。

嫌いな人

そもそも嫌いな人からは何を言われてもイライラします。

イライラした理由

普段から想像で相手を嫌っているので、話しかけられるだけでイライラします。

対応方法

嫌いな人ほど普段から頭の中でその人のことを考えるのをやめましょう。

また、頭の中で嫌いな人への攻撃はやめましょう。

いきなり嫌いな人と楽しく話せとは言いません。

まずは冷静に淡々と会話をしましょう。

仕事の会話は「仕事をこなすことを目的」とした会話を淡々としましょう。

意味のない世間話をしてきた場合も相手を気遣う必要はありません。

普通に返答して会話を引き伸ばさなければ相手は「そんなに楽しい人ではない」と思い去っていくでしょう。

人によって違う

上記、いくつかのパターンにて解説をしました。

ただし、これは例であって、人によってイライラする理由はさまざまです。

理由を知って改善することで怒る理由がなくなり、自分が成長するのです。

理由を考え改善しましょう。

次からイライラすることはなくなります。

イライラしたり、怒った時は、自分に何かしらの欠点があるのです。

痩せている人に「デブ」と言っても相手は怒りません。

背の高い人に「チビ」と言っても相手は怒りません。

自分が気にしているから怒るのです。

まとめ

状況でイライラせず、理由を考え、改善方法を考えることでイライラはなくなります。

普段はイライラした状況だけを考え、イライラしているので一生イライラはなくなりません。

イライラを常に改善することで人は成長します。

毎日の積み重ねることでイライラする回数が減りもっと前向きで楽しい人生を送ることができるようになります。

イライラを改善し、ストレスのない毎日を送りましょう。

タイトルとURLをコピーしました