イライラした時のデメリット、知るとイライラできません

ちょっとしたことでイライラが止まらないことってありますよね?

イライラが始まると止まりません。

また、イライラを考えるとさらにイライラします。

イライラして良いことはデメリット以外、何もありません。

イライラした時のデメリットを知ると本当に損をしていることが分かります。

イライラの体質を改善するためにはデメリットを知ることが重要です。

この記事ではイライラした時のデメリットを解説します。

読んだ後はデメリットが大きすぎてイライラするが、なんて無駄なのかを理解することができます。

イライラした時のデメリット

相手とギクシャク

イライラすると感情にでることで相手に気づかれます。

それに相手が気づくと、お互いイライラする状況になります。

最悪の場合、お互い声を張り上げ、喧嘩になります。

冷静を失うと問題が解決しません。

冷静に対応することで問題は解決します。

関係のない人へ八つ当たり

イライラすると第三者に八つ当たりをしたり、そんな気はないのに関係のない人にきつく当たってしまうことがあります。

それを複数人にしてしまった時は最悪で、同時に敵を作ってしまいます。

イライラしている時に話しかけられて冷たくした記憶はありませんか?

周りの人が悪に見える

怒ったことで罪悪感を感じます。

罪悪感を感じると周りの人が自分を冷たい目で見ているような気になります。

気がするというよりは恐らく周りは、少なからず嫌な思いをしています。

また妄想が膨らんで「周り皆に嫌われた」と思ってしまいます。

妄想が膨らむと周りの皆に嫌われたと感じてしまい、最悪な時は、周りとしゃべれなくなり引きこもってしまいます。

暗くなる

冷静になった時に自分を攻め、気を落として暗くなります。

また、怒りで周りに迷惑を掛けたことで、後ろめたさを感じ、落ち込んでしまいます。

表情が悪くなる

イライラで怒りが込み上げると顔の表情が悪くなります。

自然と顔にでますので止めることができません。

怖い顔をしている人と話したい人はいません。

周りに避けられるでしょう。

頭の思考を無駄に浪費する。

イライラするとその時の状況が頭の中を駆け巡ります。

何度も同じ状況を想像し、時にはその人を想像で攻撃します。

何度も想像の中で攻撃することで、相手を許せなくなり本当に嫌いになってしまいます。

また、何度も繰り返し想像しても過去は変わりません。

同じ想像を何度もすると時間の無駄です。

時間を有効に使いましょう。

他に自分が成長することや、解決すべき問題に思考を使いましょう。

相手を攻撃するより、自分の成長に思考を使いましょう。

目の前の事に集中ができず時間だけが過ぎていく

イライラすると他のことに集中ができません。

中途半端な結果しかでません。

結果、集中していないので普段より時間を浪費します。

最悪な時は目の前の仕事が全く進まないこともあります。

周りが見えなくなる。

イライラすると頭の思考が奪われ、周りが見えなくなります。

見えなくなると、他のことに気が回らないので、何をやっても失敗します。

また、判断力が鈍りますので、判断を間違えます。

判断を間違えると、余計な仕事が増えますので、さらに無駄な時間を浪費します。

歩きながらイライラする

頭がイライラで満ちた状態で歩くと、目の前のことに気づかず、人や物にぶつかります。

また、前を見て歩いていないので、知り合いを無視してしまい、印象を悪くします。

また、イライラすることで他人とコミュニケーションを取りたくなくなります。

よって、他人と目が合わないように下を向いて歩いてしまいます。

とても暗く見え、近寄りがたい人に見られます。

大人げない、子供、

怒っている人を見ると子供に見えます。

精神年齢の低い人にみられるのです。

冷静に判断すると、あまり関わりたくない人になります。

イライラせず、怒らず、冷静に対応できる人は大人にみられます。

イライラしたら負けなのです。

すぐ怒る人と仲良くしたい人はいないと思います。

まとめ

これを知ったら今日からイライラできません。

イライラしたり、怒ったりして良いことは1つもありません。

本当にマイナスしかありません。

イライラせず、冷静に毎日を過ごせると、人生は本当に変わります。

本当かなと思った方は、イライラした時に振り返ってみるといろいろなことに気付くでしょう。

タイトルとURLをコピーしました