良かった内容だけを書くとポジティブになれる、日記に嫌な出来事を書くのを止めよう

日記には「嫌な出来事」「良かった出来事」とさまざまな内容を書きます。

この記事では「日記に良かった内容だけを書くとポジティブになれる」理由を解説します。

また、書いてない人も、ポジティブになれますので始めてみましょう。

良かった内容だけを書くとポジティブになれる

良かった内容だけを書くと、なぜポジティブになれるのでしょうか?

日記は、鮮明に思い出しながら書きます。

嫌なことの場合、嫌なことを鮮明に思い出しながら書きます。

この時に、嫌なことを思い出しますので、嫌な記憶が蘇ります。

つまり、何度も同じことを考えると、鮮明に記憶として残るのです。

暗記する時に、何度も同じ内容を唱えるのと同じです。

嫌なことが脳に記憶されると、何気ない時にふと思い出してイライラすることもあります。

もし、ポジティブなことだけを書いた場合、ネガティブなことは思い出しませんので、ネガティブな記憶は薄れます。

また、ポジティブなことを書く時は、良かったことを思い出しながら書きますので、良かった記憶が頭に残ります。

このように、嫌だったことを思い出さず、良かったことだけを思い出すことで、良いことだけが記憶に残ります。

これによって、ポジティブな記憶が増えるのです。

また、何気なく思い出すことも、ポジティブな内容ばかりになります。

読み返した時にポジティブになれる

さらに、読み返した時にポジティブになれます。

嫌だったことを日記に書くと、文章として残ります。

嫌だったことは、忘れたい記憶です。

もし、嫌なことを日記に書いてしまうと、読み返した時に、忘れたい嫌な過去を鮮明に思い出してしまいます。

よって、書く時は、嫌だったことを書かず、良かったことだけを書くのです。

人は、良かったことを多く考えるとポジティブになり、嫌だったことを多く考えるとネガティブになります。

良かったことだけの内容を読み返すことで、ポジティブになるのです。

つまり、良かったことしか考えませんので、自然とポジティブになるのです。

読み返した時「書かれている、良かったことだけを思い出し」「書かれていない、嫌だったことは思い出さない」のです。

これによって、嫌だった記憶を忘れることが出来ます。

また、良かったことしか書いていない日記を読み返すことは、とても楽しく、さらにポジティブになります。

書く時のルール

書く時のルールをまとめると、

  • 良かった出来事だけを書く
  • 嫌な出来事は書かない
  • 「どっちかな?」と、微妙な内容は書かない
  • 嫌なことがあっても、克服して良かった内容は書く

ちなみに、人によって「良かった」の感じ方は異なりますので、自分に合ったルールへ変えて問題ありません。

判断に迷った場合は「思い出したり、書いた時に楽しい内容を書く」ルールにすると良いでしょう。

まとめ

いかかだったでしょうか?

ポジティブ日記を書くと、

  1. 書く時に、ポジティブなことを思い出す
  2. 読み返した時に、ポジティブな内容だけを思い出す
  3. ポジティブなことが頭に残る
  4. ふとポジティブな記憶が蘇るようになる

と頭の思考がポジティブになりますので、ポジティブになりたい方にはとてもお薦めです。

タイトルとURLをコピーしました