「失敗を恐れるな」の意味を改めて深く考えてみましょう

よくビジネス書などで「失敗を恐れるな」と書いてあります。

失敗を恐れて止まらず、どんどん行動しろとの意味です。

失敗を恐れて行動しない事は良くありません。

行動することで人は成長するのです。

本当に失敗を恐れずどんどん行動しても良いのでしょうか?

失敗を恐れず行動することは本当に大切なことです。

ただし、失敗には2種類ありますので、まずはこれを理解しましょう。

この記事では、2種類の失敗を学び、改めて「失敗を恐れず行動する」意味を解説します。

失敗とは

失敗には「小さな失敗」と「大きな失敗」があります。

小さな失敗は、恐れずどんどん行動しましょう。

大きな失敗は行動すべきですが、慎重に事前の下調べを徹底し行動しましょう。

分かりやすく例えると

問題を別のイメージで想像すると簡単に理解できます。

「石橋を叩いて渡る」と言うことわざがあります。

これは「頑丈そうに見える石橋でも用心して渡りましょう」の意味です。

ここで言いたいことは、「丸太や藁で作られた橋は慎重に確認して渡る」。

つまり、大きな失敗が起こりそうな時は失敗を恐れ、慎重に行動しましょう。

石や、鉄筋で作られた橋は恐れずに渡る。

つまり、安全で失敗は起こらない可能性が高いことは、恐れるのを止めましょう。

これをイメージしながら「小さな失敗」「大きな失敗」を判断しましょう。

小さな失敗

小さな失敗とは、

  • 少し時間を無駄にする失敗
  • 小さな金額の失敗
  • 恥をかく失敗

小さな失敗は深く考えずにどんどん行動しましょう。

失敗してもリスクは低いでしょう。

ただし、失敗せず成功する可能性も多くありますので、深く考えずに行動しましょう。

大きな失敗

大きな失敗とは、

  • 大きな時間を無駄にする失敗
  • 大きな金額の失敗
  • 周りに迷惑がかかる失敗
  • 人生の転機になる失敗

大きな失敗が発生すると思われる時は、失敗したでは済まないこともあります。

ただし、行動するなとは言いません。

必ず事前に調査をしたり、保険を掛けたりして行動しましょう。

つまり失敗とは

まとめると、ビジネス書に書いてある「失敗を恐れるな」とは、

  • 大きな失敗が伴う行動は慎重に行動しましょう。
  • 小さな失敗が伴う行動は積極的に行動しましょう。

つまり、大きな失敗も、小さな失敗も「失敗を恐れるな」となるのです。

積極的に行動しましょう

大きな行動は毎日できませんが、小さな行動は直ぐにでも行動できますので、今から積極的にに行動しましょう。

例えば

  • あまり行かない店へ行く。
  • 普段頼まないメニューを頼む。
  • 小さな金額なら試しに購入してみる。
  • 違う道を歩く。
  • いつもはしないことをする。
  • 普段話さない人に話しかける。
  • 違う方法を試す。

このような小さな事は本当に失敗を恐れず、と言うよりは何も考えずに行動できるようになりたいものです。

タイトルとURLをコピーしました