スポンサーリンク

本当はやりたいけど、周りが気になるからやりたくない、感情を捨てて行動する3つの方法

感情が邪魔をして、行動できないことってありませんか?

本当はやりたいけど、周りの目が気になるからやりたくない。

バカにされるからやりたくない。

「カッコ悪い、ダサい」と思われたくない。

頭を下げたくない、話したくない。

ありますね。

行動した場合「良いことを得らる」とわかっているのに、行動できないのです。

ただ、それで行動せず、後で後悔することも多くあります。

できない、やりたくないことの多くは、感情が邪魔をしているのです。

では、どうしたら周りを気にせず行動し、利益を得ることが出来るのでしょうか?

感情を捨てるだけで、多くの利益を得ることができます。

周りの目を気にせず行動すると、人生を通して、多くの利益を得ることができます。

感情を捨てて行動すると、多くの利益を得られるなら、人生で多くの特をするのではないでしょうか?

今回は、感情を捨てて行動する3つの方法を解説します。

メリットを考える

感情を捨てて行動した時のメリットを想像してみましょう。

多くのメリットが浮かびませんか?

また、捨てて行動した時と、捨てずに行動しなかった時の利益、不利益を比較してみましょう。

捨てて行動した時、どのような利益を得られるのか?

この利益を捨ててまで、行動しないのか?

明らかにメリットがない場合は行動しなくても良いですが、得るものが大きい場合は、行動をしないと損をしてしまいます。

このような場面は、人生で数多くあります。

また、利益が小さかったとしても、利益を捨て続けると、小さな利益が積もり、人生で大きな損をします。

小さな感情を捨て、小さな利益を多く得ることで、大きな利益になるのです。

第三者で考える

続いて「第三者だったら、どのようにアドバイスをするか」を考えてみましょう。

友人から相談された時、アドバイスをすることは良くあります。

他人事なので「〜したらどう?、大丈夫だよ、みんな思ってないよ、みんな気にしないよ」と簡単にアドバイスしていませんでしょうか?

同じように自分の悩みを自分に相談してみましょう。

まるで友人が自分に相談しているかのような状況が良いでしょう。

その時に「大丈夫だよ」とアドバイスしていませんでしょうか?

つまり、第三者の意見なので、相手の感情を考えず、メリット、デメリットだけを考慮してアドバイスをするのです。

結果、感情を捨てて行動した時のメリットとデメリットを比較して考えることができるのです。

つまり、自分のアドバイスに沿って行動し、最善の行動をすることができるのです。

極限の場合は行動している

それでも行動できない方は、極限の状態だった時のことを思い出してみましょう。

例えば、病気になった時、病院で「恥ずかしいから本当のことを言えない」そんな事はないですね。

本当に極限の時は、感情を完全に捨てて行動する事ができます。

もし極限だったら、どのように行動するのか?

また、行動して少し恥をかいたかもしれませんが、後になって得られた利益はとても大きかったのではないでしょうか?

利益を得られることはわかっているのに、どうしても行動出来ない方は、極限状態の時を思い出して行動してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

カッコ悪いをなくしましょう。

感情を捨てて行動した時、多くの利益を得る事が出来ます。

本当に困った時は、周りの事は考えません。

行動で無駄な感情「〜と思われたら、どうしよう、恥ずかしい」をなくしましょう。

突然「感情を捨てて行動しろ」と言われても出来ないかもしれませんが、少しずつ小さな感情から捨てることで徐々に慣れますので、気がつくと大きな利益を得ていることに気づくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました