何をやっても上手くいかない、周りは簡単に上手くいっている、行動してるから上手く行かないことがあるのです

何かに挑戦した時、何をしても上手くいかないことがあります。

周りを見ると、簡単に上手くいっている人もいます。

そして「自分は駄目だな、いくら頑張っても上手くいかない」と嘆きます。

「自分には能力がなく、出来ない」と思ってしまい、落ち込み、途中で投げ出してしまいます。

挑戦してるから、上手く行かない

なぜ、上手くいかないのでしょうか?

よく考えてみましょう、上手くいかないということは「挑戦してるから上手くいかない」という状況に直面しているのです。

もし挑戦していない場合は、出来ることしかしていないので「上手くいかない」と言う状況にならないのです。

「上手くいかない」と思った時は、新しい物事、苦手なことに挑戦している証拠なのです。

つまり「新しい物事を身に付けよう」と思った時は、上手くいかないことを体験します。

止めない

ここで「何をやっても駄目だ」と思い、止めないでください。

上手くいかないのは、経験が少ないからです。

つまり、挑戦してる証拠です。

訓練しているので、成長している証拠なのです。

失敗までの過程で、多くのことが身に付くのです。

経験しないと、物事は上達しません。

「失敗が嫌だ」と保守的になると、行動できません。

もちろん、経験しませんので、成長もしません。

物事は、何度も繰り返すことで出来るようになりす。

そして、出来るようになると、人は成長します。

なぜ、センスの良い人は簡単に達成できるのか?

何をやっても失敗しない人を見かけます。

失敗しない人は、簡単に達成します。

そして自分と比べ、自分の出来なさに落ち込みます。

ただ、センスが良い人も、最初からセンスが良かったわけではありません。

過去に何度も失敗を繰り返し、上手くいかないことを経験し、それを乗り越えることで成長したのです。

繰り返し挑戦することでセンスが身に付き、他のことにも応用が効くようになったのです。

また、挑戦している時は、必死に「どうしたら上手くいくか」を考えます。

考えることが、また、成長に繋がるのです。

そして、新しい物事の時、過去の経験を活かして「上手くいく方法」を思いつくことが出来るのです。

今からでも間に合います

挑戦してるから、上手くいかないことがある、当たり前です。

挑戦していない人は、何もしていないので、上手くいかないことがないのです。

つまり、上手くいかないことに直面している人は、成長している証拠なのです。

センスの良い人は、過去に多くの物事に挑戦し、失敗を経験しています。

その経験があるからこそ、新しい物事に挑戦した時に、応用が効くのです。

そして周りには「初めてやったのに、簡単に上手くやっている」と見えるのです。

今からでも遅くはありません、多くの物事に挑戦、失敗し、経験を積みましょう。

失敗の経験を多く積み、考えて実践し、成功することで、今からでもセンスは身に付きます。

挑戦しなければ、今のままです。

一生、何をやっても失敗する人生になってしまいます。

多くの失敗を経験した人ほど、失敗は少なくなるのです。

今からでも間に合います、新しいことに挑戦しましょう。

タイトルとURLをコピーしました