明日の不安、心配を解消し、ポジティブに解決方法を考え、今を気楽に過ごす方法

「明日、悪いことが起こるのでは?」と頭から離れないことは多くあります。

未来の心配は、本当に苦しく、他の事が手に付かなくなります。

少しでも明日の不安を減らす方法はないのでしょうか?

訓練で未来の不安ごとを和らげ、解消する方法があります。

これから説明することを実践すると、簡単に解消できるのです。

不安がない人

不安を抱えていない人もいます。

抱えていない人は、普段からこれから説明することを無意識に実践しています。

まだ実践していない方も、今日から実践することで不安を解消し「不安のない人」になれます。

不安がある人

不安を多く抱えると、精神的に良くありません。

落ち込んで「自分は駄目な人間だ」と思うようになります。

このような状態になると、ますます落ち込み、どんどん後ろ向きな性格になります。

後ろ向きの性格は、日々、嫌なことが起こります。

不安を抱えると性格が暗くなったり、悪くなったりします。

そうなると、周りに嫌われ、嫌な思いをするのです。

不安をなくして、前向きの性格に変えると毎日が変わります。

良いことが続き、楽しく過ごす時間が増えるのです。

ぜひ、この簡単な解消方法で前向きになり、楽しい時間を過ごしましょう。

本当に毎日が変わります。

解消方法

不安に思っているだけでは、問題は解決しません。

以下のことを認識しましょう

未来の出来事かを確認しましょう。

  • まだ問題は起こっていない
  • 起こらない可能性がある
  • 実際に起こらないと対処ができない

起こってみないと解消方法は決まりません。

起こる前から勝手に悪いことを想像して、不安になっても時間の無駄です。

もしかしたら「あんなひどいことが起こるのでは?」と何時間も想像するのは、時間の無駄です。

そのことに時間を使うなら、起こった時にする対処方法や、他に、趣味や勉強に時間を使った方が有効です。

また、悪い想像は精神的に悪く、体調を崩すこともあります。

「悪いことが起こる」と想像しても、しなくても、未来は変わりません。

未来が変わらないなら、考えても、考えなくても、変わりません。

今から「あーなったらやだな」「あーなったらどうしよう」と考えても、考えなくても、起こるものは、起こるのです。

「どうしよう」と考えることは時間の無駄なのです。

一番良い方法は、「あーなっても大丈夫」「あーなったら、こうしよう」と考えることなのです。

でも起こる可能性が高いのですが・・・

起こってから考えれば良いのです。

起こる前から悩んでも解決しません。

実際に起こらないと、「問題は何か」が分からないので、解決方法が分からないのです。

起こった後に、解決方法を考え、解消すれば良いのです。

起こった時に解決方法を思いつく自身がない・・・

自身のない人は事前に悩むのではなく、事前に解決方法を考えましょう。

解決方法のパターンを考え、対処方法を身に付けることで不安は解消します。

また、起こった時に、偶然同じ内容だった場合、解決方法を知っているので不安になりません。

解決方法の考え方

では、不安が止まらない方は、解消方法を考えましょう。

思いつく限りのパターンを考えます。

「あんなことが起こるかも」と不安になった時、「起こったらこうしよう」と考えます。

これを思いつく限り、繰り返し考えます。

メモに書き出すと良いでしょう。

Q:明日のテストどうしよう
A:少しでも必死に勉強しよう

など、簡単なことから、

Q:笑われたらどうしよう
A:別に笑われてもいいや、むしろ皆んなに笑いを提供できて盛り上がった

と、Q & A 方式で思いつく限り、書き出します。

いかかでしょうか?

不安が消え、前向きになったのではないでしょうか?

解決方法が思いつかない場合

考えても、考えても、自分に自身がなく、不安を解消できないこともあります。

また、思いついたが自身がない場合は「どうしたら少しでもできるようになるか」を考えましょう。

解決方法を見つけたら、可能な限り解消する努力をしましょう。

最初は、解決方法がなかなか思いつかなこともあります。

少し考えただけで諦めるのではなく、毎日考えることで、必ず何か小さいことかもしれませんが、必ず何か思いつくでしょう。

思いつかない時は、小さなことで大丈夫です。

小さなことから始めることで、実践中に、別の案を思い付くこともあるでしょう。

諦めるのではなく、考え続けることが重要です。

また、不安があるたびに、解決方法を考えることで、解決能力が上がります。

今までは悩むだけで解決方法を考えなかったので、解決する力がなかっただけなのです。

考えれば、考えるほど、解決能力は上がりますので諦めず、続けることが重要です。

それでも思いつかない場合、最悪、失敗することを受け入れましょう。

ただし、ただ失敗を受け入れるのではなく、失敗した時に「どうするか?」と解決方法を考えましょう。

本当にできないことを「どうしよう」と悩むより、失敗することを前提に考え、少しでも小さな失敗、または失敗してもリカバリーできる方法を考えることが重要です。

「失敗したらどうしよう」から「失敗した時、どうしよう」と考え、

「失敗」→「失敗しても気にしない」

「失敗」→「リカバリーする方法はないか?」

「失敗」→「少しでも失敗の割合を減らせる方法はないか?」

と解決方法を探しましょう。

不安のない人は普段から無意識にやっています

不安のない人は、普段これらをやっています。

また、不安がない人も、最初は多く持っていたはずです。

この解消法を何年も続けている間に、能力が上がり、不安がなくなったのです。

不安に思うだけでは解消しません

これを繰り返すことで、いつ問題が起こっても対処できる能力が身につきます。

そして将来、不安ごとがあっても、対処のパターンを多く持っていますので、不安になることがなくなるのです。

不安がある度に、実践することで、日々の不安がなくなるのです。

最後に

この能力を身につけると、将来、応用力が身に付きます。

不安にはパターンがあり、解決を繰り返すことで、パターンがあることに気が付きます。

パターンを応用することで、将来、新しい不安が発生しても、すぐに解消できます。

つまり、毎日実践すれば、するほど、能力が上がります。

すればするほど、不安が減り、気楽な日々を過ごせるのです。

タイトルとURLをコピーしました