待ち時間は最高のめいそう時間、イライラする待ち時間を有効に使いストレスを解消しましょう

待つ時間を有効に使いましょう

待つことは皆さん、嫌いですよね。

発想を転換してみましょう。

待つと思うから、つらいです。

実は、待ち時間は、とても良いめいそうの時間なのです。

どうせ待つなら時間を有効に使いましょう。

この記事では、待ち時間にできるめいそう方法をご紹介します。

待ち時間とは?

例えば、こんな時間です。

  • レジの待ち時間
  • 信号の待ち時間
  • 電車の待ち時間

どんなことをするの?

今を感じるめいそう

今を感じるめいそうをしましょう。

体を頭から足までスキャンしてください。

頭から、顔、方、手、おなか・・・に神経を集中してそのまま感じてください。

  • 暑い
  • 寒い
  • かゆい
  • 痛い

今の状態をそのまま感じて、理解するだけで問題はありません。

体の状態に集中することで、雑念をなくします。

頭の中をスキャンしましょう

体のスキャンが終わったら頭の中をスキャンしてみましょう。

どんな状態でしょう?

  • 頭がフル回転している
  • 興奮している
  • 頭に力が入っている

何を考えているのでしょうか?

  • 今、考えていることをそのまま観察してください。
    (第三者にそんな風に考えているだなと感じましょう。)
  • 妄想を止めて今を感じてください。

目の前の一点を見つめてください

目の前の一点を見つめると頭がクールダウンして落ち着きましょう。

クールダウンすると頭の負荷が下がって、とても楽になります。

「今までこんなに脳に力が入っていたのか」と気付きます。

頭をクールダウンしてリラックスできると、ストレスが体から抜けます。

体の疲れの8割は脳の疲れです。

5分でも頭を休めることでその日の疲れが緩んだり、ストレスが解消されます。

最後に

今日から試してみましょう。

1日に待ち時間は何度も訪れます。

待つことにイライラするぐらいなら試してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました