イライラ体質を改善!何を言われても、大丈夫な体質になる方法

何かを言われれると、すぐにイライラしていませんか?

多くの方は、心当たりがあるのではないでしょうか?

何かを言われるたびに、イライラしていたらストレスで体が持ちません。

ひどくなると、少し相手に冷たくされただけで「あいつは自分の悪口を言っているに違いない」と勝手な妄想まで始まります。

むしろ、こちらに、好意を抱いている人に対しても、想像で「悪口を言っているに違いない」と妄想していたら、周り全員が敵になってしまいます。

確かに人は想像してしまう生き物なので、想像はしかたがありません。

だったら最初から「何を言われても大丈夫な体質になる」ことでストレスを感じない方が、人生が楽しくなるのではないでしょうか?

この記事では、何を言われても大丈夫な体質になる方法を紹介します。

大丈夫な体質に改善とは

言われても大丈夫な体質に改善すると「あいつは自分の悪口を言っているに違いない」、「でもまったく気にならない、むしろうわさをされるなんて自分は人気者だな」と考えられるようになります。

さらに、その悪口を言った相手と仲良くなることもあります。

ただし、実際は、「言っているに違いない」と思うことは妄想で、「言っていない可能性が高いこと」が、ほとんどです。

つまり、このような妄想が働いたとしても、まったく気にしない体質であった場合は、「ふーん」で済んでしまうのです。

毎日は人とのコミュニケーションです。

よって、一日に一回位は、嫌な事を言われるのは当然なのです。

いちいち真に受けてイライラしていると、時間を無駄にしてしまいます。

また、一度イライラすると、丸一日イライラしてしまいます。

イライラしないことで、楽しくコミュニケーションを取り、楽しい一日を過ごしましょう。

どうすればなれるのか

すぐにイライラすると、我慢するのがとても苦痛で、ストレスになります。

最初から我慢はやめましょう。

一歩ずつ改善しましょう。

理由を知る

最初はイライラする理由を知りましょう。

理由を知るだけでも、イライラを抑えることができます。

イライラしたらまず、理由を探りましょう。

イライラした時の理由を知ることが、とても大切です。

イライラの理由は、「なぜイライラしたのか」が分かっていないことです。

人は、自分の欠点から逃げるようにできており、可能な限り頭から排除しようとするからです。

「危険なこと」「嫌なこと」から逃げる本能を持っているのです。

つまり、「嫌なこと」と真正面から向き合うことが嫌いなのです。

イライラした理由が分かるだけで、意外と「なーんだ」と思って、次からは言われても大丈夫な体質になります。

理由はともかく、「イライラする内容だった」と勝手に解釈するのです。

よって、理由を知ると、「別にイライラする内容ではない」ことが多いのです。

もちろん、理由を知って、「イライラする内容だった」となることもあります。

もし、これから解説する内容を読んで、それでもイライラする内容だった場合は、別の方法を考えましょう。

ただし、イライラのほとんどは「イライラする内容」ではないので、まずは理由を知ることが、とても大切です。

受け入れる

イライラの理由が分かったら、まずは、受け入れます。

認めましょう。

理由を認めると、意外にスッキリして「どうでもいいや」と思うようになり、次に言われても気にしなくなります。

理由が分かる前は、イライラするだけでしたが、理由を知ることで「どうでもいいや」に変わったのです。

また、理由が、「自分が気にしている欠点」だったりしませんか?

人は自分の欠点を指摘されることを嫌います。

その場合、まずは、自分の欠点を認めましょう。

前向きに考える

受け入れることができたら、今度はそのことに対して前向きに考えましょう。

受け入れた内容が欠点で、簡単に改善ができる場合は改善しましょう。

また、「確かに直したほうが良いな」「今まで気づかなかった」と思った場合も、直してしまえば、欠点ではなくなります。

そして、今後、言われることはなくなるでしょう。

また、明らかに欠点だった場合、他の人からも、改善されたこで、高感度が上がります。

周りを見ましょう

それでもイライラする場合は、周りに同じような人がいないかを確認しましょう。

自分と同じように言われているのに、気にしていない人がいたら、よく観察してみましょう。

また、自分を第三者に置き換えてみると効果的です。

自分が言われるととても気になるのに、他人が言われた時はそんなに気にならない経験はありませんか?

そうなんです、自分が言われたことを、他人に置き換えて考えると「大丈夫だ」と思えるようになるのです。

他人が言われて、「第三者の自分が気にしない」と言うことは、「自分が言われても第三者は気にしない」と言うことなのです。

よく言う「人ごと」と言うやつですね。

最終的には

最終的には、「面と向かって言われても大丈夫」、「影で何かを言われる人ほど人気者」と思えれば完璧です。

人気のある芸能人は、ありとあらゆるところで、うわさをされます。

気にしなくなると

気にしなくなると、毎日が変わります。

本当に楽しいです。

  • ストレスがなくなる
  • 「陰口を言われているのでは?」の妄想が消える
  • 周りと仲良くなれる
  • けんかが減る
  • 勝手な妄想で、相手に冷たくすることがなくなる
  • 前向きに物事を考えられるようになる

最後に

実際に行動しないと改善はされません。

少しでも改善するよう考え、努力することがとても大切です。

タイトルとURLをコピーしました