平常心を保ち、常に落ち着く、待ち時間で心を鍛える訓練方法

常に平常心を保てると、仕事も人生もうまくいきます。

平常心を保てるようになると、全ての物事がうまくいくのです。

実は、訓練で平常心はいくらでも向上します。

また、すきま時間を利用して、訓練できます。

常に平常心を保つためには、常に訓練が必要です。

政財界で成功している大物の多くは、座禅等を利用して常に平常心を保つ訓練をしています。

座禅による訓練も重要ですが、日頃のすきま時間の訓練が重要です。

常に平常心を保つと言っても、いきなり常に平常心を保つのはとても難しいことです。

今回は、最初の一歩をお伝えしたいと思います。

平常心を保つための第一歩

常にコミュニケーションで平常心を保つことはとても難しいことです。

相手の挙動や、言ったことで心はすぐに乱れます。

まずは一人の時、平常心を保てるようになりましょう。

当たり前ですが、一人の時は他人といるときよりも平常心を保つのは簡単です。

まずは一人の時に練習しましょう。

一人の時でも心はアップダウンしてます。

最初は苦労する方もいると思いますが、訓練で必ずできるようになります。

平常心を保てるようになると

平常心を保てるようになると冷静にその場を観察できるようになります。

相手のことを「ソワソワしてるな」「少し怒ってるな」「感情が乱れてるな」と冷静に観察できるようになります。

相手を冷静に観察できるようになると、相手の人間性を知ることができます。

相手が理解できると、今後も付き合っていく人なのか、付き合わない人なのか、見極めることもできます。

感情で仕事をする人とはあまり一緒に仕事をしたくないですね。

また、できるようになった時、落ち着が向上したと思って大丈夫でしょう。

訓練のタイミング

まずはタイミングですが、小さな空き時間は常にやりましょう。

特に、心が落ち着かない時は、チャンスです。

空き時間とは、

  • 歩いている時
  • 電車の待ち時間
  • レジの待ち時間
  • ちょっとした休憩時間
  • 寝る前

ちょっとした空き時間に1分でもやりましょう。

手順

  1. 心を観察して今の状態を知りましょう。
  2. ドキドキ、ソワソワしている時は、落ち着いて冷静になりましょう。
  3. 落ち着いたら、心を無にして冷静な自分の状態を観察しましょう。
  4. 冷静な状態を保ちます。

具体的なやり方

特に何か嫌なことがあった時は、以下をすることで平常心を取り戻すことができるようになります。

ゆっくり歩く、行動する

ソワソワ、ドキドキしている時はゆっくりと行動すると心が落ち着きます。

体をゆっくりと動かすことで、体がソワソワしていることに気付きます。

行動がゆっくりになることで冷静さを取り戻し、心も落ち着きます。

例えば、ゆっくりと手足を動かす、向きを変える。

ゆっくりと動かし隅々まで集中しましょう。

通勤、通学の時間は、ゆとりを持って、ゆっくりと歩いて見ましょう。

ただ歩くだけではなく、心を落ち着かせる時間にし、時間を有効に利用しましょう。

歩いている時に行く方向を見つめる

ゆっくり歩きながら行く方向に集中してみましょう。

ソワソワ、ドキドキしている事から思考を遠ざけることができます。

他のことに集中することで平常心を取り戻すことができるのです。

また、乱れていても他のことへ集中する訓練になります。

「乱れていても他のことへ集中することができる」が重要です。

一点を見つめる

歩いていない時は、どこでも良いので一点を見つめ集中すると、心の平常心を保つ事ができます。

ポイントは心、体がソワソワしていても見ている物に集中することです。

最初はできなくても練習で克服できます。

この訓練は、電車やレジの待ち時間が最適です。

いつもなら待つことにイライラする瞬間だと思いますが、平常心を保つ練習にすることで逆に楽しみの時間になります。

座禅をする

座禅をオススメします。

詳しいやり方は他の記事にお任せします。

1日1分でも良いので座禅で頭をクリアにすることができます。

座禅は心を無にしたり、自分を見つめることで今に集中します。

心が落ち着きます。

結果

これらで心を監視する癖が付きます。

また、自分の心の状態を知るきっかけになります。

毎日、訓練することで、ソワソワやドキドキしても冷静になることができます。

ソワソワする日々から開放されますので、是非お試しください。

平常心になれたら、他人とコミュニケーションを取る時に利用すると冷静に会話を楽しむことができます。

最終的には、平常心から楽しい物事へ思考をプラスに変えられるようになるとより一層良くなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました