1人で練習し克服できる。緊張を気にせず冷静に行動ができるようになる方法

緊張しない人はいません。

緊張は、皆んな嫌いで「克服したい」と思ってます。

また、普段から、緊張を克服するために努力をしている方も、多いのではないでしょうか?

ただ、人前で練習する機会はないし「人前では練習したくない」と思う方も、多いのではないでしょうか?

さらに、慣れるためには実践が必要ですが、「人前で失敗したくない」と思う方も、多いのではないでしょうか?

1人で練習ができて、人には知られない、見られない、そんな都合の良い訓練方法はないのでしょうか?

そんな方に、ぜひ試してもらいたい、1人で練習できる方法があります。

誰にも知られることはないので、失敗を恐れず何度でも練習できる方法です。

自分の緊張状態を観察し、理解し、慣れることで緊張しても「体がかゆいな」と同じような感覚になる方法があります。

ぜひ、この方法を学んで、少しでも緊張する状態になれ、緊張しても堂々と行動できるようになりましょう。

緊張しやすい人

緊張しない人はいません。

緊張しない人は、しないように見えるだけで、実は、皆んなと同じように緊張しています。

実は、緊張に慣れているので、気にしていないだけなのです。

緊張は慣れるだけで劇的に克服できます。

8割は慣れです。

慣れるだけで克服したも同然なのです。

緊張した状態を観察し、理解し、慣れることで、怖くなくなるのです。

緊張した状態に慣れることで、緊張しても行動ができるのです。

緊張しない人は、普段から緊張の状態を学び、慣れることで気にならないのです。

つまり、普段から緊張しやすい人は、緊張状態から目を背けて一生懸命に目の前の事実から逃げているのです。

今からでも克服できますので、緊張状態と向き合い慣れましょう。

誰にも迷惑は掛けませんし、失敗しても誰にも知られませんので、気軽に試す事ができます。

緊張の原因

なぜ緊張するのでしょうか?

緊張が起こる時は、

  1. 緊張が頭に浮かぶ
  2. 体が反応する
  3. 体が反応するとそれを恐怖だと思う
  4. 体の反応に意識が集中し恐怖が増幅する
  5. さらに、体が反応する

これが繰り返すことで、緊張がさらに増幅します。

実は、緊張とは体の反応に対する恐怖なのです。

つまり、改善するためには、

  1. 緊張が頭に浮かぶ
  2. 体が反応する
  3. 「あっ緊張している」と冷静に判断し気にしない
  4. 気にしないので、頭はそちらに集中せず目の前のことに集中する
  5. 緊張を忘れる

つまり、緊張を克服するためには、体の反応に慣れることで、克服できるのです。

克服できるのか?

緊張した時の状態を観察し、慣れることで怖はなくなります。

人は本能的に、緊張した状態がとても嫌いです。

緊張した時は、逃げることしか考えません。

常に緊張から逃げているので、緊張した時の詳しい状態を知らない事が、問題なのです。

常に「緊張を恐怖」と思い、逃げると永遠に緊張の正体を知ることができないのです。

人は、正体の分からない物、事に自然に恐怖を感じる本能を持っています。

「知っていること」「慣れていること」には全く緊張せず、むしろ無意識に作業をこなせます。

 

大丈夫です。

人は必ず慣れます。

過去を思い出せば、多くのことに慣れてきました。

体験して理解することで簡単に慣れます。

最初は何事にも緊張するのです。

人は成長します。

人は生まれつき、適用する能力を持っています。

誰にでもマスターできます。

「やったか」「やらなかったか」だけなのです。

今後は積極的に緊張を観察し、理解するようにしましょう。

では具体的なやり方を学びましょう。

克服する方法

まずは緊張を待つ

まずは、いつも通りに生活し緊張する瞬間を待ちましょう。

緊張は、人とのコミュニケーションや「過去、未来の出来事」を想像した時に、発生します。

まずは1日の中で、何度か緊張することを改めて確認しましょう。

ここでは、1人で行う訓練なので、1人の時に緊張する時を待ちましょう。

また、実は日々緊張している自分がいることを認識しましょう。

もし、「1人の時は緊張しない」と思う方は、気付いていないだけです。

人は一日に何度も緊張しているのですが、さらっと流している可能性があります。

積極的に観察する

緊張を確認することができるようになったら、積極的にその状態を観察してみましょう。

人は緊張を嫌います。

今まで緊張した時は、可能な限り緊張しないよう無視したり、気にしないようにしてました。

今日からは、逆に積極的に観察しましょう。

「体が震えている」「力が入っている」「頭が混乱している」などを確認しましょう。

まずは、緊張した時の「体の状態」「頭の状態を」観察しましょう。

積極的に緊張したときの状態を知り「緊張状態を説明できる」ことが理想です。

いかかでしょうか?

観察すると、徐々にその状態に慣れてきませんか?

そうなんです。

緊張した状態を、知れば、知るほど慣れるのです。

また、慣れてきたら、心と体の関連性を観察してみましょう。

心と体は「互いに反応している」ことが分かります。

緊張は、体に悪くありません。

今までは、緊張するだけで「精神的に悪い」と思っていました。

「体に悪い」と思っていたから、病気に掛かるのです。

病的な影響はありません。

緊張を受け入れ、慣れてしまいましょう。

慣れていないから、緊張は苦痛なのです。

慣れる

十分に観察して説明できるようになったら、緊張を受け入れましょう。

今までは、とにかく緊張したら「やばい」「自分は駄目な人間だ」と思っていませんでしたか?

緊張は悪いことではありません。

緊張を恐れることはありません。

人は生まれつき緊張する本能を持っています。

緊張を恐れる必要はありません。

「人は緊張するのが普通だ」と理解できれば、気楽に緊張を観察することができるようになります。

重要なことは、「逃げずに、冷静に観察する」ことです。

大丈夫です。

徐々に慣れます。

具体的なやり方

まずは、体の反応に、心が反応しないようにします。

緊張すると、体が震えたりすることがあります。

体が震えると、心はますます緊張し、さらに体が震えます。

時には、どうにかして体の反応をなくそうと、パニックになることもあります。

反応に恐怖すると、ますます緊張し、意識が完全にそちらへ集中して他のことが考えられなくなります。

ここでは、体の反応を、ただ観察するようにしましょう。

体が震えた時に「やばい」と思うのではなく、第三者になって「フーン、体が震えてるんだ」と冷静に観察できるようになりましょう。

慣れてくると、体が震えている時の感覚を、細かく知ることができるようになります。

これを繰り返すことで、体が震えても「そうなんだ」と冷静に受け入れる事ができるのです。

人は、いつもとは違う知らない状態を、恐れるのです。

緊張した状態を冷静に観察して、慣れると体が反応してもパニックにならず、冷静に行動する事ができるのです。

最初は少し違和感を感じますが、日々緊張の観察を繰り返すことで間違いなく慣れます。

緊張を気にせずに行動する

緊張の観察を繰り返し慣れたら、緊張を気にせずに行動しましょう。

普段から少し緊張しても、目の前のことをこなすことで、克服できます。

具体的には

今まで緊張すると、目の前のことに集中ができませんでした。

緊張に慣れると「してるな」と思うだけで、すぐに気にならなくなり、本題に集中できるようになります。

また、緊張にて体が反応しても「冷静に行動できるようになった」のではないでしょうか?

ただし、最初から完璧はありません。

前より少し良くなったことを、まずは実感しましょう。

これを繰り返し、少しずつ良くなることで成長します。

最終的には「体がかゆい」と同じぐらいの感覚まで成長します。

緊張しても気にせず「フーン」と思ってください。

いかかでしょうか?

緊張しても、「特に何も悪い影響は起こらない」ことを理解できたのではないでしょうか?。

まとめ

今まで緊張した状態は、恐怖だと思っていました。

誰でも、知らない、始めての物事は緊張するのです。

今まで緊張するとパニックになり、逃げていました。

また、今まで緊張した時に、意識が緊張に向き恐怖と思い、さらに緊張しました。

緊張を知り、慣れると本当に気にならなくなるのです。

普段、緊張から逃げると、永遠に正体を知ることはできません。

人は、正体が分からない物事に恐怖するのです。

緊張を観察し慣れましょう。

恐れなくなることで、緊張する事が怖くなくなるのです。

毎日この方法を試すことが重要です。

特に1人の時、ふと思い出した緊張は、観察のチャンスです。

どれだけ緊張しても、人に見られることも、迷惑をかけることもありません。

実践して失敗しても、何も不利なことはありません。

これからは、そんな時こそ積極的に観察し状態を知ることで、緊張しても冷静に行動することができるようになります。

つまり、理解と慣れなのです。

日々、自分の緊張した状態を観察、理解、慣れる訓練をして、緊張しても「体がかゆいな」と思えるようになりましょう。

最後に

駄目元で試す価値は本当にあります。

むしろ、試すチャンスです。

今日から緊張を観察して、慣れましょう。

タイトルとURLをコピーしました