プレゼンを克服、イメージトレーニングで上がらなくなる方法

プレゼンで失敗してしまう方の多くは「失敗したらどうしよう」という気持ちと「視聴者の反応が怖い」に負けた方が大半です。

失敗を恐れる方こそ事前準備は万端で何度も練習をしています。

ただ、本番になると失敗や反応が気になりプレゼンに集中ができなるなり緊張して頭が真っ白になる方が多くいらっしゃいます。

この記事では、プレゼンで集中し上がらなくなるイメージトレーニングの方法を解説します。

どうしたらプレゼンに集中できるのでしょうか?

イメージトレーニングをすることでプレゼンに集中することができるようになります。

苦手な方は事前準備を徹底しますので、事前準備に問題はありません。

しかし、当日の本番で上がってしまい、時には大失敗することもあります。

緊張さえ克服すれば後は大成功が待っていますのでもったいないですね。

特にそんな方は、このイメージトレーニングを利用して克服すると、他の方より成功する確率が高く、大きな成功を得ることができます。

ぜひ克服して大成功を得てはいかかでしょうか?

イメージトレーニングを利用して克服しましょう

場所、時間

  • 最低毎日5分間のイメージトレーニングをします。
  • 時間は習慣づける意味で寝る前など忘れない時間が良いでしょう。
  • 場所は静かで、他の方がいない場所が良いでしょう。
  • 目は慣れるまでは閉じるとイメージがしやすくなります。
  • 姿勢は立ちながらリラックスしている状態が好ましいです。
  • 座ってプレゼンする方は座った方が良いでしょう。

やり方

  1. リラックスして立った状態で目を閉じます。
  2. 頭の中でプレゼンをしている自分を想像します。
  3. 想像の中で大成功しているイメージを描きます。

例えば

  • 視聴者がうなずいている。
  • 視聴者が良い意味で微笑んでいる。
  • 自分がスムーズに楽しく話している。
  • 相手が関心を示している。

どんどん自分が思っている成功のイメージを思い浮かべましょう。

最初は少し恥ずかしく感じるかもしれませんが、この恥ずかしさに慣れることも重要です。

また、慣れてきたら、自分がスーパースターになったつもりで想像してみてください。

例えば

  • 映画祭のような赤いカーペットを歩いている。
  • 舞台に上がると皆が「キャーキャー」と騒ぐ。
  • マスコミに囲まれ、絶賛される。
  • 優勝パレードの車に乗って手を振る。

慣れてくると、次々と想像が膨らみとても楽しくなり実際にそうなった気分を味わえます。

自分がスターになった時にこうなったら嬉しくて気分が良くなることを想像しましょう。

毎日やることが大切です

最初は恥ずかしく、面倒くさいと思ってしまうこともありますが、毎日やらないと意味がありません。

最初の数日で終わらせてしまうと、やったことが恥ずかしくなり逆に良くありません。

毎日続けることで慣れます。

まずは少し恥ずかしい、この体験に慣れましょう。

恥ずかしさに慣れることもトレーニングです。

慣れると自然にそのことが当たり前になり、普段の生活でも自分に自信が付き、行動力が向上します。

最終的にはイメージトレーニングの素晴らしさを体験できますので、毎日続けましょう。

慣れてきたら

慣れてきたら、隙間時間もトレーニングに当てましょう。

歩いている時

通勤中などの時間を利用して歩いている時もトレーニングはできます。

ただ歩くのではなく、赤いカーペットを歩き、周りから「キャーキャー」言われるイメージで歩きましょう。

立ち止まっている時

信号待ちなどで立ち止まった時は、壇上に上がったつもりで周りを見渡したり、プレゼンをしているイメージを思い浮かべて周りがうなずいているなどを想像しましょう。

最後に

最初は少し恥ずかしいと思います。

ただ、誰かに知られる事もなく、やったことで負の利益が発生することもありませんので、プレゼンまで練習を続けましょう。

最初から大成功は無いかもしれませんが、少なくとも以前よりは必ず成長しているはずです。

以前より少しでも成功することで自信が付き、イメージトレーニングが楽しくなりますので繰り返し練習をしましょう。。

「トレーニング」→「プレゼン」→「トレーニング」→「プレゼン」を繰り返すことで必ず成長します。

最後に、プレゼン資料、プレゼンスピーチの練習も重要なのでこちらも必ず事前準備しましょう。

また、プレゼン資料を使って本番と同じように想像しながら練習をするとさらに良いでしょう。

イメージトレーニングで成功するとその後、事前準備を怠る方がいますので忘れずに練習しましょう。

タイトルとURLをコピーしました