緊張しても冷静に行動できる、自分観察で訓練し克服する方法

仕事などでプレゼンすることがあるとソワソワ、ドキドキしますよね?

また、始めての人と話をする時に、ドキドキすることもあります。

前もって日程がわかっているイベントの時は、数日前からドキドキして落ち着かないこともあります。

どうしたらドキドキしても落ち着くことができるのでしょうか?

この記事では、緊張した時に心を落ち着かせ行動できる訓練方法を解説します。

できるようになります

普段からソワソワ、ドキドキすることに慣れる訓練をすることで、冷静に頭を働かせ、行動できるようになります。

慣れです。

慣れていないから頭も体もヤバイと考え、テンパってしまい、行動できなくなるのです。

普段から落ち着いている人はドキドキしても気にせず行動ができるのです。

体が動揺しても、頭が冷静なので冷静に行動できるのです。

つまり、体がドキドキ、ソワソワしても気にせず頭は冷静に行動ができるようになります。

また、冷静に行動することで、体も平常心を取り戻します。

まずは慣れる訓練をしましょう。

慣れることでドキドキしても冷静に行動することができるようになります。

次に慣れることで気にせず行動できる訓練をしましょう。

どうやって冷静に行動するのか?

実は、体と心は分離できます。

コントロールする方法があります。

コントロール方法を知らない人は

コントロール方法を知らない人は、感情で体がドキドキすると、慌ててしまい恐怖に陥ります。

慌てると、さらに心は乱れ、さらにテンパります。

心が荒れると体が反応し支離滅裂へと陥ります。

まずは体がソワソワ、ドキドキしても普通でいられるように、慣れる訓練をすることです。

訓練でドキドキしても普通でいられるようになりましょう。

ドキドキした時に慌てるから駄目なのです。

ドキドキした状態に慣れると、その状態になっても大丈夫と理解することができます。

よって、冷静でいられるようになります。

感情で体が反応することは、簡単にはコントロールできません。

体が反応しても、心がさらに反応しないようにすれば良いのです。

最初から心が乱れなければ良いのですが、まずは乱れてもコントロールできるようになりましょう。

感情の流れ

コントロールできない人は下記のようになると思います。

「心が乱れる」→「体が乱れる」→「更に心が乱れる」→「更に体が乱れる」

訓練を積むと以下のようになれます。

「心が乱れる」→「体が乱れる」→「気にしない」→「心が落ち着く」→「体が落ち着く」

最終的にはこれに慣れると、最初から乱れなくなります。

「心が乱れない」→「体も乱れない」

訓練で恐怖に慣れましょう。

訓練で体の感情をコントロールすることはできませんが、心の乱れはコントロールできるようになります。

できる人でも体は動揺しています。

でも心は落ち着いているのです。

体が動揺しても、したことに慣れていますので、しても問題ないため、落ち着いて行動できるのです。

そして本当に克服した人は、最初から心が乱れず体も乱れないのです。

また、そんな人も過去に必ず訓練し、克服しているのです。

できる人は自分を知り、訓練で成長しているのです。

訓練方法

自分を観察しましょう

冷静時

常に自分を観察する習慣を付けましょう。

まずは自分が普段落ち着いている時、ソワソワしている瞬間に気付くことが重要です。

気づかないと訓練はできません。

普段落ち着いている時の自分の体の状態を観察してみましょう。

冷静時の観察は難しいことはありません。

冷静時に自分の心の感情、体の状態を観察しましょう。

乱れた時に冷静になるための参考にします。

今の自分の状態を心のなかで言葉で表現してみましょう。

ソワソワ、ドキドキしている時

嫌なことを思い出したり、嫌な未来を想像してソワソワ、ドキドキする時があると思います。

ドキドキした時はヤバイと思ってさらにドキドキしたり、落ち込んだりしませか?

今日からこんな時は逆に練習する訓練になります。

チャンスです。

ぜひ積極的に向き合って観察してみましょう。

向き合うことでソワソワ、ドキドキすることに慣れます。

慣れることでソワソワ、ドキドキしても気にならなくなります。

初めてのできごとだとソワソワ、ドキドキしますが、2回目、3回目と慣れてくればしなくなりますよね。

同じです。

回数をこなすことで人はなれます。

では始めてみましょう。

ドキドキ、ソワソワしている時の体の状態を観察します。

今までは、ドキドキした時に向き合うことから逃げていませんでしたか?

逃げずに観察し、まずは慣れましょう。

冷静に観察してみましょう。

最初は慣れるまでは逃げたくなるかもしれません。

人はソワソワ、ドキドキすることがとても嫌いなのです。

慌ててはいけません。

ヤバイ、まずいと思ってはいけません。冷静にふーん位に思いましょう。

慣れると体はソワソワ、ドキドキしていても頭は通常通りに働く様になります。

ふーん、体がソワソワ、ドキドキしているなーと冷静に第三者的に観察することができます。

本当です。

慌てるから、心は大変だと記憶してしまうのです。

体がどんなに反応しても冷静に観察しましょう。

どうですか?

だんだん慣れてきませんか?

意外と慣れると普通に頭が働くようになってませんか?

体はソワソワしているが、頭ではそれを普通と認識し通常通りに思考が働くようになります。

慣れたら

慣れたら積極的に違うことを考えてみましょう。

また、未来の不安事を少しでも解決できる方法を考えましょう。

あーなったら、こうする。

プレゼンなどだったら、練習するとか。

不安事を少しでも解決できる方法を考え少しでも解決することで更に落ち着くことができるようになります。

繰り返し訓練することで成長しますので積極的に訓練しましょう。

つまりは慣れです。

場数です。

積極的に向き合ってみましょう。

回数をこなすことで

回数をこなすと、想像以上に冷静に、頭で考えることができるようになります。

頭が冷静だと、体がソワソワしても通常通りに行動できます。

また、通常通りに行動することで、体も冷静さを取り戻し、体も心も冷静になれます。

普段から訓練をこなすことで、本番でも効果を発揮できます。

確かに最初は少し失敗することもあるかもしれませんが、普段からこのような訓練をすることで想像以上に実力を発揮することができます。

多くの人の前での訓練は数に限りがありますが、1人でもできる訓練なので誰にも迷惑を掛けず、訓練できますのでオススメです。

まとめ

今までは、ソワソワ、ドキドキするとその感情から嫌で逃げてませんでしたか?

緊張と向き合ってみましょう。

冷静に観察しましょう。

慣れてくると冷静に観察できるようになります。

普段、何でもない時に起こった時はチャンスです。

恥をかくこともなく、誰にも迷惑をかけません。

積極的に体の状態を観察して慣れてしまいましょう。

慣れることで実践でも簡単に実行できるようになります。

タイトルとURLをコピーしました