人は感情で行動します、良い感情で成功を生み出す実践方法

人は8割、感情で行動します。

相手に良い感情を持って接すると会話が弾みます。

悪い感情を持って接すると最悪ケンカになるのです。

皆さん経験ありますね。

会話の質は全て先入観で決まります

「良い人」と思って会話すると楽しく物事が進み、「嫌な奴」と思って会話るすとつまらない会話になるのです。

良い感情は、物事を楽しく円滑に進みます。

つまり、業務の会話でも先入観が良いと楽しく物事が進むのです。

また、楽しい会話から業務外でも良い付き合いが発生したり、助け合う場面が生まれます。

一方、悪い感情は、物事を悪い報告へと進みます。

また、ギスギスすると、付き合いもなく、助け合うこともありません。

さらに、ちょっとした会話でも最悪喧嘩になることもあるでしょう。

また、そのいざこざから、何日もその後遺症が残りギスギスする日が続くこともあります。

ギスギスするより、楽しい方が後々得することは多くありますね。

実際

社会では、常に良いコミニケーションが、求められます。

嫌いな人でも円滑にコミュニケーションを取れる能力が求められるのです。

良いコミニケーションを取れる人ほど仕事がスムーズに進みます。

仕事をスムーズに進められる人は周りから認められ出世するのです。

コミュニケーションの結果の「良し」「悪し」がその後の人生を大きく変えるのです。

学校、会社、近所、小さなことでイライラしてつまらない時間をできれば過ごしたくないですね。

どうしたら少しでも円滑にコミュニケーションを取ることができるのでしょうか?

相手に対する感情を良くしましょう。

日頃から相手をポジティブに考えましょう。

日頃から相手の良い面を探して認め、ポジティブに考えましょう。

つまり、普段から、相手の良い所を探して、楽しい会話を想像することで、先入観が良くなり会話がスムーズに進むのです。

普段から相手の良い所を探して認めると、学んだり、相手を尊重できますので、多くのことを学ぶことができます。

大丈夫です。

発想の転換、訓練で解決出来ます。

「人と会話をするだけで1日イライラする」から「人と会話をすると毎日が楽しくなる」へ、変わります。

また、改善すると、それ以上の効果を体感することができます。

毎日のコミュニケーションが楽しいと物事が変わります。

コミュニケーションが改善し、楽しく過ごすと1日の中の他のできごとにも影響がでるのです。

楽しく過ごすと他のできごとにも伝染するので、他のことも自然と楽しむことができるのです。

好意を持っている人、持っていない人の違い

好意を持っている人

「好意を持っている人」とはどんな人でしょうか?

好意を持っている人との会話は話しかける前から、ニコニコしてませんか?

良い人、会話をして楽しい人と頭にインプットされているからです。

楽しい会話を想像して会話を始めるので、結果、会話が弾むのです。

相手の良い所を見て、楽しく接していることを想像するとコミュニケーションが円滑に進みます。

人は先入観を持って人とコミニケーションを取るのです。

「しゃべっていて楽しい、気が合う人」

そういう先入観がある人とは、自然と円滑にコミュニケーションを取っているのです。

楽しい会話をしようと体が勝手に動くのです。

嫌いな人

「嫌いな人」とはどんな人でしょうか?

嫌いな人との会話は、話す前からやる気がでませんね。

「やな人」「しゃべっていて楽しくない人」と頭にインプットされているのです。

最初から楽しくない会話を想像し身構えながら会話を始めると、顔がこわばっているので相手に伝わります。

結果、もちろん会話は弾まず、ギスギスするのです。

最初から「相手と会話をしたくない」と思いながら会話をするので全てが否定的になります。

結果、冷たい感情が相手に伝わります。

もちろん伝わった相手もこちらに対して冷たく接しますのでつまらない会話になるのです。

改善方法

訓練で、コミュニケーションは改善できます。

訓練と言っても難しくはありません。

簡単な事を毎日するだけで会話がスムーズになることを実感できます。

苦手な人を選ぶ

まずは苦手な相手を1人選びましょう。

  • 会話したくない人だけど、せざるを得ない人
  • 苦手な上司
  • 仕事でコミニケーションを取らなくてはならない苦手な人

最初は、会話の多い、一番苦手な人を選びましょう。

相手の良い所を探す

最初は相手を観察しましょう。

どんなに苦手な人、できない後輩でも必ず一つは自分より優れている所が必ずあります。

小さなことで大丈夫です。

ほんの少しでも自分より優れた所を探しましょう。

例えば、仕事は何もできないが挨拶は必ずする人で大丈夫です。

嫌いな人は、嫌な部分が多いとは思いますが、良い部分、優れている部分は必ずあります。

気づいていないだけなのです。

相手の良い所が見つかったら、頭の中で褒めましょう。

少しですが自分より優れている部分なので、心から褒めることができるでしょう。

見当たらない方は慣れです、普段から良く観察して小さな良い所を前向きに探しましょう。

嫌いな人の場合、最初は少し嫌な気持ちになることもあります。

なれです、やればだんだん克服できます。

相手の良い所、優れている所を多く発見することで、少しずつ相手の見方が変わります。

実際に優れている部分を認めて自分が足りない部分を学びましょう。

相手のことを少しでも認め、その部分を尊敬できるようになると、相手の見方が本当に変わります。

相手から学びたいを思えるようになると積極的に会話をして学びたいと思いますね。

普段から相手の良い所を探し、良い所を学びましょう。

楽しい会話を想像する

良い所が見つかり相手の見方が変わったら、相手と楽しい会話をする場面を想像をします。

頭の中でロールプレイをして想像します。

この時に相手はこちらの会話に対してポジティブな返答をすることを心がけましょう。

さらに頭の中で笑いがあると良いでしょう。

楽しいやり取りを想像しましょう。

慣れるまで毎日繰り返しましょう。

実践

実際に相手と会話しましょう。

相手と会話を始める時は、楽しい会話を頭の中で想像してからすると良いでしょう。

毎日会話をする相手だと最初はいつもとあまり変わらないこともありますが、毎日想像を繰り返し訓練することで日々改善していくことを体感できます。

今までは、会話だけで1日イライラしていました。

改善すると1日が変わったことに気付きます。

「1日がつまらない」から「楽しい」へ身をもって体験、確認できます。

自ら改善することで、本当に毎日が変わり繰り返し訓練することで成長を実感できます。

まとめ

いかかでしょうか?

最初に想像したより驚くほどの改善を体験できたのではないでしょうか。

先入観が「会話すると楽しい」になっているので、会話がスムーズで楽しくなったのです。

毎日続けることが重要です。

できたと体感できるまで繰り返えしましょう。

体感することでまた実行したくなります。

タイトルとURLをコピーしました