人見知り、会話が嫌い、ルールに従うと恐怖が無くなり雑談が楽になる

雑談、世間話が苦手な人は多くいます。

中には、雑談を想像するだけで、恐怖になる人もいます。

雑談が上手な人は、初対面でも楽く会話をします。

なぜ、悩まずに会話ができるのでしょうか?

雑談を楽しんでいる人は、これから説明するルールに従って、会話をしているのです。

ルールを知るだけで、世間話が簡単にできるようになり、楽しく会話ができるのです。

この記事では、簡単な雑談のルールを覚えるだけで、雑談がとても楽になる方法を解説します。

雑談が上手になる方法

突然、慣れていない人が、雑談が上手になることはありません。

雑談が上手になるためには、順番に学ぶことが必要です。

マスターすることで、簡単に上達できますので実践しましょう。

  1. 恐怖を無くす
  2. 聞き役になり、相手にしゃべってもらう
  3. こちらから話題を振り、会話を楽しむ

項目は3つあります。

ただ、「恐怖を無くす」を克服するだけで悩みは、ほぼ解消されます。

まずは、雑談の恐怖から抜け出すことから始めましょう。

今回は、「恐怖を無くす」を克服する方法を解説します。

そして、次回以降の、「聞き役になり、相手にしゃべってもらう」「3.こちらから話題を振り、会話を楽しむ」を学ぶと、雑談が楽しくなり、出会い、コミュニケーションが楽しくなるでしょう。

ぜひ、3つをマスターしましょう。

ただし、最初から一気に3つをマスターしようとすると、ハードルが上がってしまいます。

まずは「恐怖を無くす」を克服しましょう。

「恐怖を無くす」を理解するだけで悩みの8割を解決できます。

恐怖をなくす

まずは恐怖をなくします。

雑談時に、これから説明することを知るだけで、恐怖がなくなります。

「本当かな」と思うかもしれませんが、逆の立場になって考えると納得できます。

また、雑談の恐怖は「思い込みである」ことが分かりますので、「思い込みをなくし」楽しい毎日を過ごす事ができます。

では見ていきましょう。

反応を期待しない

反応を期待して話しかけると、悪かった時に落ち込みます。

このネタは相手に「通じるのか?」「うけるのか?」と考えてはいけません。

最初から反応を期待せず、あったらラッキーと思って会話を始めましょう。

 

会話恐怖症の人は、良い反応を期待します

良い反応を期待して、話しかける

反応が悪い

落ち込む

再び、反応を期待して、話しかける

反応が悪い

落ち込む

と、悪循環を繰り返えすことで、雑談恐怖症になるのです。

 

雑談を楽しむ人は、良い反応を期待しません

良い反応を期待せず、話しかける

反応が悪い

気にしない

再び、良い反応を期待せず、話しかける

反応が悪い

気にならない

と、悩まず雑談を繰り返します。

 

雑談の開始時にネタは必要ですが、反応を期待しないことが重要です。

良い反応を期待してしまうと、会話のネタに自信がない場合「もうネタを振るのをやめよう」と考えてしまいます。

気にしないでください。

ネタに対して反応が悪くても問題ないのです。

気にしすぎです。

相手が、たまたま「興味のない話題」だっただけなのです。

反応が薄い場合は、別の話題を振れば良いのです。

それでも反応が悪い場合、気にせず、さらに別の話題を振りましょう。

逆の立場になって考えてみましょう。

話題を振られた時、興味のある話題が振られることは少ないでしょう。

そんな時でも、気にせず、相手は、別の話題を振ってきます。

雑談のうまい人は、こちらの興味を、気にしていないのです。

たまにコミュニケーション能力が高くない人は、興味がない空気を出しますが、気にせず会話を終わらせれば問題はありません。

そして後に、会話がなくて問題はありません。

しゃべらないのは、お互いさまなので、気にする必要はありません。

最初にネタを一度は振っています。

よって感じが悪くもないのです。

気にするはやめましょう。

常に相手の気分が良いとは限らない

雑談時、相手の機嫌が良いとは限りません。

眠かったり、やなことがあったり、落ち込んでいたり、イライラしたり、と相手が調子の悪い時もあります。

そんな時、偶然に話しかけてしまった可能性もあります。

話しかけた時に反応が悪かったとしても、こちらが悪いと決めつけるのはやめましょう。

考えてみてください、自分が落ち込んでいる時に、楽しい話題を振られても、心から楽しめない時ってありますよね。

気にせず別の機会に話しかけましょう。

気を使って無理にしゃべる必要はありません

沈黙を無くすために、気を使って無理に会話をする必要はありません。

無理した話題は、とてもぎこちなく、お互い緊張して、雑談が盛り上がりません。

また、緊張することで、苦手意識が芽生え、恐怖症になってしまいます。

無理にしゃべることは逆効果です。

無理はやめましょう。

会話がない時があるのは、普通なのです。

「無理にしゃべらなくては」と思うのはやめましょう。

沈黙が続いたとしても気にするのはやめましょう。

お互いさまです。

気を使うと、雑談が面倒になってしまいます。

「会話がなくても大丈夫」と思うと、悩みはなくなります。

会話が得意な人でも、ない時は、ないのです。

当然、沈黙も多くあるのです。

気にするのはやめましょう。

先入観を無くす

相手は「〜だ」と決めつけて会話をするのはやめましょう。

例えば、「嫌いな人」「苦手な人」と決めつけてしまうと、話しかけるのが面倒になってしまいます。

冷静に心をフラットにして、会話をすることが、とても重要です。

また、「〜さんは、〜が嫌い」のように、先入観を持ってしまうと、会話が限定され、ネタがなくなってしまいます。

先入観をなくし、一般的な会話を心がけましょう。

特に緊張する相手の場合は、「はじめまして」の感覚で会話をすると気持ちが楽になります。

お店の店員に「すみません」と声をかけるイメージですると気が楽になります。

初めての店員に先入観はないですね。

会話終了後、失敗しても気にしない

雑談後、会話の内容が悪くても、気にする必要はありません。

失敗はありません。

盛り上がらなかったとしても、失敗ではないのです。

最初から盛り上がることを期待していません。

また、会話がなくても、気にする必要はありません。

常に、全ての人と、会話が合うことはないのです。

「今日、この人との雑談は合わなかった」だけなのです。

明日は、盛り上がる可能性もあります。

次回も気にせず、会話を楽しみましょう。

失敗ではありません。

失敗ではなくて、そういう状況があっただけなのです。

そういうことは、多くの雑談をこなすと、当たり前のようにあります。

普通のことなのです。

経験を積むと、当たり前になり、気にならなくなります。

コミュニケーションは取るほど成長する

一度の失敗で「自分はダメだ」と決めつけるのはやめましょう。

失敗を気にせず、何度もコミュニケーションを取ると必ず向上します。

また、ケンカしたり、怒らない限り、失敗はありません。

盛り上がらないことは、失敗ではありません。

次回も気にせず、同じ人、別の人と世間話をしましょう。

世間話は、こなせば、こなすほど、「盛り上がらないことは問題でない」ことが分かります。

場数をこなしましょう。

同じ人の場合、最初は沈黙もありますが、慣れてくると話題が増え、尽きなくなることもあります。

同じ人でも、雑談を繰り返すことで、ネタが増えて仲良くなるのです。

慣れです、数をこなすことで、自分が思っている以上に盛り上がらなくても、誰も気にしていないことが分かります。

決して失敗はありません。

次回も、何事もなかったかのように、普通に会話をしましょう。

最後に

まずはこれを意識して、雑談に望みましょう。

上記のことを体験して理解すると、雑談の悩みがなくなります。

雑談の恐怖は、思い込みなのです。

ぜひこれらをマスターして、次の段階に入り雑談が上手な人を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました