あいさつは一方通行、ルールを決めて、あいさつで悩まない方法

コミュニケーションの基本である「あいさつ」で苦労していませんか?

顔見知りの人に、あいさつをした方が良いのか、したら返ってくるのか、無視されるのか?

気にする方が多くいます。

「何となく知っている人」「微妙な人」、いちいち悩みたくありません。

しかし、頭の中でいろいろと考えてしまいます。また、無視されるとイライラすることもあります。

この記事では、ルールを決めることで、あいさつに悩まない方法を解説します。

あいさつで悩まなくなる方法は、あるのでしょうか?

どうしたら、気にせずあいさつができるようになるのでしょうか?

また、他の人は同じように気になっているのでしょうか?

あいさつをして無視された時、イライラして他のことに集中できなくなる人もいます。

あいさつを難しく考えすぎていませんか?

ルールを決めれば、悩みはなくなります

あいさつで悩む必要はありません。しない人は、普段から気にしないのです。

あいさつは、関係ができてからで問題はありません。ただ、そうは言ってもどこで線を引けば良いのか難しいですよね。

分からないと悩んでいる人は、これから解説することを「ぜひお試しください」。悩みが消えて、他のことを楽しむ時間ができます。

実は、悩んでいない方は自分なりのルールを持っています。そして、そのルールに従ってあいさつをしているだけなので、まったく悩まないのです。

簡単です。

ルールを決めましょう。ルールを決めることで迷うことがなくなります。

ルール

あいさつを「誰にどのタイミングでするか」のルールを決めて、それに従うだけで悩みは消えます。

これから解説するルールは、とりあえず試したい方に特にオススメです。

一度試して慣れてきたら結果を参考に、自分流のルールを作りましょう。

相手からあいさつをする人

常に、相手から積極的にあいさつをしてくる人、あいさつをすれば必ず返ってくる人は、こちらか積極的にあいさつをしましょう。

たまにスルーする人の場合、こちらに気づいていないか、他のことで頭がいっぱいであった可能性があります。いちいち気にせず、積極的にあいさつをしましょう。

関わりのある人、組織的に役職のある人、キーマン

無視されても気にするのはやめましょう。

役職のある方は、「されて当たり前」と思っている人が多くいます。役職が付くと偉そうになってしまう人がいるのです。「残念な人だな」と思って、気にするのはやめましょう。無視されて当たり前と思いましょう。そもそも、仕事のできる人や、キーマンとなる人は、向こうから積極的にあいさつをしてきます。されなかった場合は、偶然の出世で、実はすごい人ではない可能性が高いのです。

残念な人だなと思いましょう。

大人になって、役職や関わり合いのある偉い方には、積極的にあいさつをしましょう。

関り合いがあるが、積極的にはしてこない方

目が合った場合は、積極的にあいさつをしましょう。

目が合ったが、そらされた場合は、そのまましなくても良いでしょう。あいさつができない、残念な人なので、あまり気にする必要はないでしょう。相手は、あいさつが嫌いなだけで、こちらがしなかったとしても気にしていません。また、目をそらされても、相手がこちらを嫌っているわけではないので、何か用事がある場合は気にせず話しかけましょう。

あいさつを「したほうが良いか?」「しなくても良いか?」悩む時は、「目があったらあいさつする。合わなかったり、そらされた時は、こちらもしない。」で良いでしょう。

ただし、返ってこないことが気にならない方は、あいさつをすると、皆なに好かれますので積極的にしましょう。

パターンに当てはまらない人

なんとなくした方が良さそうな顔見知り、近所の方は積極的にあいさつをしましょう。

その結果、上記のパターンに当てはめて今後につなげましょう。

一度なら、無視されても相手が気づいていない可能性があります。考え事をしていて、気づかなかった可能性があります。こちらも周りに注意がなくなり、相手に気づかないことってありますよね。相手もそういう時の可能性がありますので、考え込むのはやめましょう。

気を使いすぎるのはやめましょう。あいさつがなくても相手はそれほど気にしない人は多くいます。あいさつをしないことで、気にするのはやめましょう。

ルールに慣れたら

慣れてきたら、上記のルールに付け加えると、よりあいさつが気にならなくなります。そして積極的にあいさつができるようになり、周りから話しかけられたり、良いお話を貰えたりします。

あいさつは一方通行と割りきりましょう。

店の店員の「いらっしゃいませ」と思えば気になりません。店員はこちらが無視をしても気にしてませんね。

あいさつは一方通行なので、無視されても気にするのをやめましょう。

ただし、返ってこないことがどうしても気になる方は、気疲れしてしまいます。何度も試した結果、返ってこない場合は、こちらもしなくて大丈夫でしょう。

返ってこないとイライラする

あいさつが返ってこないことで、イライラするのはこちらの自由です。返ってくることが当たり前だと思うほど、イライラするのです。最初から返ってきたらラッキーぐらいの気持ちであいさつをするとストレスを感じなくなります。

それでも気になってしまう場合は、スーパーなので店員さんが「いらっしゃいませ」をいう感覚ですると、一方通行になれますので、その位の気持ちになりましょう。「あいさつは一方通行なので、返ってこないこともある」と思えばイライラすることはなくなります。

人は想像以上にあいさつを気にしていません。また、気にしている人がいた場合、気の小ささが移るので逆に気に留めるのは止めましょう。

あいさつが返ってこないことで悩んでしまう方は、下記だと思い気にしないようにしましょう。

相手に無視された時

相手は何か悩み事があり、周りに意識がなく、こちらに気づいていない可能性があります。気になるようでしたら、何度かあいさつを試みて返ってこない場合は、特別に関り合いのない人なら、こちらもしなくて大丈夫です。その後、「関り合うようになった時、あいさつする」で大丈夫です。

最後に

繰り返しあいさつをして、自分流のルールを作成することで、悩むことがなくなります。自分流のパターンを作って、当てはめることで気にならなくなるのです。

悩むことに時間を使うより、他に「どうしたら自分が幸せになるか」を考える時間に当てたほうが幸せな生活を送れます。

あいさつに関するコミュニケーションが気になってしまう人が、迷わなく行動できる内容にしました。

「一方通行を意識して、無視されても気にしない」が最高だと思います。

基本的に人はシャイなので、あいさつが苦手の人が多くいます。皆んなそうなので気にするのはやめましょう。

常にあいさつができれば、周りを気にしたり、悩んだりすることがなくなるので他の物事に集中でき、多くの成果を出せるようになります。また、あいさつを積極的にしていると、良いことが引き寄せられます。

例えば、あまり話たことがない方と仕事で一緒になった時、まるで前から知り合いだったかのように親切にしてもらえたり。突然「良いお話をいただけたり」「助けてもらったり」などが起こります。また、あいさつは「日頃の行い」なので、今日したから、明日に良いことが起こるわけではありません。

もちろん起こることもありますが。すぐに結果が出ると期待しすぎず、長い目で続けましょう。数カ月数ヶ月もすると明らかに変化を感じることができます。

あいさつは相手への奉仕です。奉仕は全員からではありませんが、やがて困ったときに返ってきます。

将来への投資だと思って、無視されても積極的にあいさつができるようになると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました