考えや性格の合わない人との交流は、自分を知るチャンスです

考え方が違う人って周りに多くいますね。

考え方が違うと相手のちょっとした言動や行動で、相手を嫌いになります。

人付き合いは、「職場」「学校」「地域」で避けて通ることはできないので困ったものです。

気にしすぎると、悩みに変わり、ストレスとして溜まります。

どうしたら、ストレスを溜めずに付き合えるのでしょうか?

考えを変えることで解決します

一度、人を嫌いになってしまうと、再び好意を持つことって大変ですね。

実は、嫌いになる前に相手の見方を変えることで解決できるのです。

また、自分の考えを見つめ直すチャンスでもあるのです。

考えを変える

まずは、合わないと思う方はどんな人でしょうか?

恐らく1番の理由はちょっとした言動や行動ではないでしょうか?

もちろん、多くの部分で合わない人や、嫌味を言ってくる嫌な奴は、論外です。

ただ、それ以前にちょっとしたことで人を毛嫌いしてないでしょうか?

人はそれぞれ考え方が違う

人は「十人十色」で、考え方も、行動も違います。

まずはこれを認識しましょう。

自分の行動が常に正しく、相手の行動が間違っている絶対的な理由はありません。

つまり、自分の考えや行動が一般的に正しいとは限らないのです。

むしろ間違っていることもあるのです。

考え方、感じ方は人それぞれです。

そして、人の平均を「一般的に」と言っているのです。

思い返してみても、全く同じ考え方の人はいませんね。

人付き合いにて、相手の考えを尊重して、心の中では「自分は違うけど」と思いつつも「そうですね」と返事をした経験はありませんか?

また、少しぐらい意見が違っても仲の良い友人もいますね。

もし「いない」って思った方こそ、最後まで読んで欲しいです。

仲の良い友人が「多い人」「少ない人」

仲の良い人がいない人は、少しでも相手と考え方が違っただけで毛嫌いしていませんか?

そうなんです。

友人の多い人は相手の考え、特徴を受け入れているのです。

ただし、多い人も全ての相手の考えを受け入れているわけではありません。

ある程度許容しているのです。

許容の範囲が大きい人は、人好きで仲の良い友人が多いのです。

どうやって受け入れているのでしょう?

許容範囲の大きい人は、「自分と考えが全く同じ人は絶対にいない」と確信しているのです。

もし「8割も合えば凄い」と思っているのです。

また「自分とまったく同じ考えの人がいる方がおかしい」と思っているのです。

それから、多い人には、自分とは違った考えを知れるので、「違うほうが一緒にいて楽しい」と思う人もいます。

そうなんです。

この時点で、人の考えはそれぞれ違うのです。

だから世の中楽しいと思う人もいるのです。

考えの違いにいちいち反応しない

自分を中心にこれは良い、おかしいと判断していたら身が持ちません。

相手はそれを良しとして行動していますので、それをいちいち否定し反抗していたらストレスに押しつぶされますね。

まずは「十人十色」、常にこれを意識して人付き合いをすると良いでしょう。

他に、相手の言動、行動にいちいち反応しないことも重要です。

「そんな人もいるんだな」と思うと気楽になれます。

慣れてきたら観察してみると、逆に人との違いをむしろ楽しむことができます。

今までは少しでも違いがあると毛嫌いして遠ざけてました。

なぜ、そういう考えなのかを相手に聞いてみたり、試しにまねしてみると新しい発見があることもあります。

今までは「相手の考えが間違っている」と思っていたことが、実は正しくて自分に合っていることもあるのです。

そうなんです。

相手と考えが違った時は、相手から理由を聞けるチャンスだったのです。

相手から考えを吸収して、自分の考えとぶつけて、より良い意見に改善し続けることで人は成長するのです。

逆にこのことから逃げ続けてしまうと、人としての成長の機会を逃してしまいますので、積極的に人から学ぶことが重要です。

最後に

考え方の違う人に合ったら、その違いを観察したり、相手に聞いたりして改めて考える機会にしましょう。

もし、良い意見なら積極的に自分に取り入れて成長の機会にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました