仕事のできる人は、なぜ行動が早いのか?できな人との違いは何か?

慎重な方は、行動する前に良く考えます。

仕事のできる人は、行動が早く考える前に行動します。

もちろん仕事のできる人でも良く考えずに行動した場合、小さな失敗を犯します。

できる人は、小さな失敗は想定内で行動しています。

なぜ、仕事のできる人は失敗を前提に行動するのでしょう。

答え

小さな失敗なら行動した方が効率が良いからです。

早く行動すると、失敗の確率は上がります。

ただし、小さな失敗でしたら、復帰や戻りも早く効率が良いのです。

慎重な人は

慎重な人はなぜ小さなことでも良く考えるのでしょうか?

多くの理由は慎重な人は、小さな失敗でも悔し、失敗が怖いのです。

失敗を恐れたり、失敗を周りに悟られることを嫌います。

体裁を気にしすぎなのです。

どちらが結果的に効率は良いのでしょう?

もちろんできる人の行動が正しいです。

結果的に先に行動した方が最終的な成功率は高くなります。

早く行動することで何か不都合な事が合った場合、早く解決する事ができます。

もし、よく考え、問題が発生しないように行動したとしても行動するまで何の問題が発生するかわかりません。

考えすぎて締め切りがぎりぎりになると問題を解決するまでの時間が無いのです。

つまり

もちろん少しも考えずに行動するのも問題です。

少し考えた後、まずは行動して問題や間違いを洗い出しましょう。

そして問題を解決し、間違えを訂正し、ゴールへとたどり着きましょう。

少し失敗して恥をかいたほうが物事の解決は早いのです。

やるべき事が発生した時、考えすぎず、まずは行動しましょう。

そして、やるべき事を早く解決して、次の仕事へ取り掛かりましょう。

最後に

できる人はメール等の返信が早いですね。

また、小さなやるべき物事の行動も早いです。

できる人の行動力の早い理由が分かりましたね。

タイトルとURLをコピーしました