やる気が出ない、面倒くさい、無気力な時にやる気を出す方法

日常生活にて、やらないといけないことは多くあります。

面倒くさい感じたり、重い腰が上がらなかったりします。

「掃除」「洗濯」「買い物」など積極的にやる気はでないと思います。

また、単純作業の仕事でもやる気を出すのは難しいです。

どうしたらやる気を出すことができるようになるでしょうか?

よくある良書では、いかにして「楽しむか」が語られていますが、最初から「楽しむ」を目標にするとハードルが高くなります。

今回は、やる気が出ない時に、行動できるようになる方法を紹介します。

面倒くさいと感じるタイミング

  • 始める前
  • 作業中
  • 最後まで続ける気力が続かない時

この3点をクリアすると、物事が終わります。

「どうしようかな」「やらないといけないな」「やめようかな」と思っている間は実行に移せません。

どうしたら少しでも実行に移せるようになるのでしょうか?

「やる」と心に決めましょう

「よしやろう」と気合を入れて何も考えずにまずは行動しましょう。

「そんなことで本当に行動できるの?」と思った方もいると思います。

「よし」と気合を入れることはとても重要です。

「面倒くさい」をやめて行動を始めると以外と簡単に行動できます。

もし気合を入れても始められない方はいきなり「全てを終わらせる」と思わず「3分やろう」と思ってください。

想像以上に心のハードルが下がり、始められたのではないでしょうか?

他には時間を決めて「何時にからなず開始する」と決めることで実行に移せます。

まずは「えい」と行動しましょう。

始めて直ぐにやめたくなった場合

始めたの良いのですが、直ぐにだるくなり止めてしまう方もいると思います。

「やだな」「面倒くさい」と思いながら行動していると、辛く感じてしまい作業を中止してしまうのです。

心を無に

騙されたと思って思考を停止してみましょう。

「やだな」「面倒くさい」と考えることをやめましょう。

心を無にして目の前の事に集中してみてください。

以前よりやっていることが楽になります。

心が無になることで想像以上に事が進みます。

本当です。

面倒なのは思い込みなのです。

「やだな」「面倒くさいな」と思っているので、拒否反応を示すのです。

最初からは無理ですが、慣れてきたら逆に、「楽しい」と思うように作業をしましょう。

徐々に本当に楽しくなります。

最後に

「楽しい」と思いながら始めて作業を終わらせられたら最高ですが、最初からは無理なので「面倒くさい」「やだな」と思うことをやめてください。

まずは心を無にして行動してください。

想像以上に作業をこなす事ができます。

心を無にすることで、始めること、続けることが想像以上に楽になります。

タイトルとURLをコピーしました