実際に行動し、後から足りないことを学んで劇的に成長する方法

何かに挑戦する時、失敗しないように「まずは学んでから」と思い、実際に行動できない方も多いのではないでしょうか?

大きな選択でもない限り、まずはやってみることがとても大切です。

やってみないことには自分に何が足りなくて、できないのかが分かりません。

例えば、テニスをする時にまずは入門書をよんでルールを学ぶことから始める方はあまりいないと思います。

恐らくまずはやってみて解らないことを本やDVDで学んだり、知っている方から教えてもらったりすると思います。

また、一生懸命に入門書を読破するより、解らないことを本で調べることのほうが頭の記憶に残り成長が速いのです。

実際に壁に当たらずに物事を学ぶと、経験が無いため頭に入りにくいのです。

また、それができるようになるために何を知れば良いのかが解っていないので無駄な知識を学んでしまうこともあります。

多くの物事にて事前準備の勉強も大切ですが、可能ならまずはやってみて壁に当り、それを学ぶのがとても大切です。

下手でも良いのです。

まずはやってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました